がん保険の選び方

がんと仕事の心配

がんと仕事

健康な状態の時には考えられないことかもしれませんが「がん」になると心配なのが仕事と収入です。

がん治療と仕事の両立

がんという病気は罹患する部位や進行度によって治療内容は様々で一律ではないのが特長です。
上司や同僚の方の中で実際に「がん治療」を経験されたという方がいらっしゃれば職場での理解が早いかもしれませんが、職場の人間関係や仕事の環境によっては理解が進んでいない一面があるのも現実です。
がんの初期治療の段階では職場の人も応援してくれるかもしれません。
身体の負担も大きくはないことが多いですので、治療と仕事を両立されている方も多くいらっしゃいます。
しかし、がんの治療が長引いた場合には職場や会社では肩身が狭くなったり、体力的・精神的に今までのように仕事ができなくなってしまう。ということもおこります。

会社の福利厚生

がんの治療中は有給休暇を使うことが増えるかもしれません。
また実際に入院をしなくても、通院治療によって半休やフレックスタイム制を活用される方も多いかもしれません。通院の場合、病院は平日のみという場合が多いですので、オフィスワークをされている方であれば、通院治療と仕事の両立というのが必要になってきます。
また、所得の面でも負担が生じます。
先ほどの通院治療のように時間的な理由と、がん治療による体力的・精神的な負担が理由で残業ができなくなったり、営業手当が付かないといったことが想定されます。
そうなると、健康な時には受け取れていた基準の給与の手取りが減ることが考えられます。
とはいっても、会社員の方であれば一定期間は安定した収入が得られます。療養のために仕事を休んでも収入の一部が保障される「傷病手当金」がありますので、ある程度は安心することができます。
但し、小さな会社などで厚生年金に加入されていない場合は注意が必要です。
そしてもっとも影響が大きいのが自営業者の方です。

自営業の方のがん治療

ご自身でお店をされていたり、事業をされている方は、お仕事を休まれている間は売上に大きな影響を与える可能性が考えられます。
社長やオーナーがいなくても事業が回り続ける、安定したビジネスを構築されていれば問題がないかもしれませんが、社長やオーナーの健康状態、精神状態がスタッフやお客様に影響を与えることもあります。
社長がいなくても事業としては回っているが、社長が病気治療で不在のためにスタッフの間で不安感が広がってしまう。ということもあります。

特に社長や代表者に売上の多くを依存している業種の場合は、がん治療の期間がそのまま売上の減少、収入の減少に直結することが考えられます。
例えば、開業医の場合。院長が一人で患者さんを診ているというケースが多いでしょう。治療期間中は診察に出られなくなってしまうかもしれませんので、その間の代行の医師の給与。また休業するのであればその期間の家賃、リース代、借入金の返済、看護師・事務員等の給与が必要です。
一般的な会社員の方に比べるとがん保険のような民間の保険で不足する保障をしっかりと備えておくことが自営業者の方にとっては大切になります。

がんの治療後

心配なのは、がんの治療後です。
がんの治療で手術や放射線治療、抗がん剤治療等を行うことで、体力が落ちたり、判断力が鈍る可能性があります。
長期間にわたって抗がん剤治療を続けながら、お仕事を続けるということであれば、仕事中に気分が悪くなったり、なかなか本来の調子には戻らない可能性が考えられます。
会社の規模や職場の雰囲気もあるでしょう。実際にあなたの職場で「がん」に罹患された方がいらっしゃれば、どのような状況になっておられるのか話しを聞いてみるのもいいかもしれません。
がん患者さんの仕事の問題は深刻です。厚生労働省も「がんと就労」というホームページを作っていますので、参考にしてみてください。
がんと就労(厚生労働省)

がん治療後の職場復帰、収入ということも「がん保険」を検討する際の一つの基準にされてはどうでしょうか。
経営者や自営業者の方は、ご自身の状態が売上や収入、また銀行や取引先との信用問題にかかわってくる可能性もあります。