がん保険の選び方

がんになったら誰が請求するの?

がん保険の請求

がんと診断され、入院や手術が決まったら誰がどうやって、がん保険の請求をすればいいのでしょうか?

請求は受取人が手続き

がん保険の給付金や保険金の請求は原則として「受取人」として保険の契約書に指定されている人が請求します。
受取人が誰になっているのかを確認するには、契約されているがん保険の「受取人」欄で確認することができます。
給付金等の請求事由が発生したとき、給付金を受け取るための手続きができるのは「受取人」です。

「受取人」は契約ごとに異なる

近年発売されている医療保険やがん保険は契約時から「被保険者=受取人」というように固定されている場合が多くなっています。
がん保険であれば、保障の対象となっている患者(=被保険者)が請求をして、患者さんの口座に振り込まれます。
しかし、少し前の医療保険やがん保険は被保険者と受取人が必ずしも一致していない場合があります。

患者以外が受取人

よくあるケースとしては「契約者・被保険者=夫、受取人=妻」というケースです。
保険契約者、保険料の支払、保障の対象となる人も「夫」で、お金を受け取るのは「妻」ということです。
自分でお金を払って、自分が病気になったのにお金が妻にいくのは納得がいかない。というようなことを言われる方もいます。
しかし、実は「契約」の段階で受取人をご自身で指定されているのです。

患者本人が受取人ではない理由

様々な理由が考えられますが、理由の一つとして時代の変化があります。
20年以上前にがん保険を契約されたのであれば、当時は「がんは本人に告知しない」という傾向が強かったのではないでしょうか。
そのため、がん保険の受取人は本人以外にするという考え方がありました。
しかし、近年では「がんは本人に告知する」というのがスタンダードになってきました。
「がんを告知しない」というケースの方が珍しいくらいです。
また、以下のような契約の場合は手続きが通常とは異なりますので注意が必要です。
当てはまる場合は、保険会社のコールセンター等にご相談ください。

  • 受取人が未成年の場合
  • 受取人がすでに亡くなられている場合(法定相続人からのご請求となります。)
  • 受取人ご本人からの請求手続きが困難な場合 (離婚している、音信不通など)
  • 受取人が法人の場合

受取人を確認し変更する

まずは加入しているすべての保険について「受取人」をしっかりと確認するようにしましょう。
特に契約期間が長期になっている保険ほど、契約した当時には考えてもいなかったようなライフスタイルの変化が起こっているかもしれません。
例えば、
親を受取人にしていたが、既に結婚をしている。
受取人にしていた人は既に亡くなっている。
受取人は離婚した元配偶者になっている。
加入している保険の受取人が現時点での状況に照らし合わせて適切ではないのであれば、受取人の変更が必要です。
変更手続きは契約者からの申し出であれば、保険会社に変更手続きに必要な書類を取寄せて手続きが可能ですので、少しでも早く適正な受取人の契約状態にされておくことがおススメです。