がん保険の選び方

がん保険と医療保険はまったく違う保険です

保険の違い

がん保険と医療保険。
名称は全く違うのですが、同じような保険とお考えの方がいらっしゃいます。
がん保険と医療保険は基本的に目的が大きく異なりますので、なにが違うのか?「違い」を明確に認識することが大切です。

がん保険と医療保険の違い

医療保険は病気やケガの入院、手術、通院、先進医療に対して保障されますので、「病気やケガ全般に対して広く、浅く保障」されているというイメージです。
がん保険は「がん」という特定の病気に対してのみ保障されていますので、対象となる病気が限定されています。「がんという病気に対してのみ深く保障」というイメージです。

がん保険のみ加入

例えば、がん以外の病気は長引くことが無さそうなので医療保険は必要ないと思っている。
「がん」は治療が長引いた時の経済的負担が大きそうなのでしっかりと保険で備えておきたい。
ということであれば、がん保険にだけ加入するという選択肢が考えられます。

医療保険の加入目的

がんという病気に限らず、どんな病気であっても幅広く保障される方が安心できるという方であれば、医療保険が向いています。
様々な病気やケガに対して幅広く保障されるのが医療保険です。

それぞれの目的を知る

「何のために保険で備えるのか?」というそれぞれの保険の目的を明確に知っておくことで、あなたにとって必要な保険がハッキリとしてきます。
ご自身の目的に合った保険を選ぶことができれば、より大きな安心を得られるのではないでしょうか。