がん保険の選び方

がん保険に入っていても保険が使えないケース

がん保険の整理

契約されているがん保険の保障内容によってはすべてのがん治療が保障されるわけではありませんので、注意が必要です。

保障内容と治療内容

「がんになった」からといって、契約されているがん保険の保障内容によってはすべてのがん治療が保障されるわけではありません。
現在契約をされているがん保険の保障内容が現代の医療事情、がんの治療事情に合致しているのかを確認しておくことが重要です。

保障の対象とならない「がん」の種類

がん保険という名称の保険だから「すべてのがん」が保障されるということではありません。
がん保険の種類によっては、保障されないがんや保障額が少なくなる場合がありますので注意が必要です。
特に保険会社によって取り扱いが異なるのが「上皮内がん」です。
ご自身が加入されている保険の内容をよくご確認ください。

保障の対象とならない「治療」

がんの治療内容に応じて保障されるのが「がん保険」ですが、治療費がそのまま保障されるということではありません。
例えば、入院給付金だけが付いているがん保険の場合。
入院をせずに、日帰り手術と外来で放射線治療のため通院。と言った場合であれば、入院給付金だけのがん保険では保障される部分がありませんので、給付金は受け取ることができません。
ご自身で加入されているがん保険は、どのような時に保障されるのかをしっかりと確認しておくことが大切です。
その上で、「私の保険では、この場合は出ないんだな」と認識しておくことで、実際にそのような状況になった時も状況を受け入れやすくなります。

認識の違いが誤解を生む

極端な表現かもしれませんんが「がんになったらがん保険が役に立つ」という認識のみでがん保険に加入し続けている人が、実際にがんになり、先ほどのような入院の無い治療をされ、がん保険からは給付金が一切受け取れなかった場合。
加入しているがん保険に裏切られたような気持ちになるかもしれません。
「がんになっても、がん保険があるから安心と思っていたのに!」
結果的にはがん保険に入っているから安心ではなく、加入しているがん保険の保障内容をしっかりと把握しているから安心。というもう一歩踏み込んだ認識が重要です。

一度「がん」になると保障内容は変えられない

がん保険は一度「がん」という病気に罹患すると新たながん保険に加入したり、がん保障を追加したりできないのが特長です。
実際にがんになり、治療の経験をして、加入しているがん保険では治療内容に合った適切な保障を受けることができなかった。
という反省から、治療が終わった後に新たな保障の追加をがん保険で考えることができません。
がん保険は加入の最初の質問が「今までがんに罹ったことがありますか?」という質問になっていますので、この質問に対する答えが「はい」となった時点で加入はできない仕組みになっています。

見直しを考えるのは「がんになる前」

あまりにも当たり前のことに感じられるかもしれませんが、健康な人は誰しも「自分はがんにならない」と思っていることでしょう。
「がんになるかもしれない。」という不安と戦いながら毎日を過ごしている人は少ないと思います。
健康であるがゆえに、実際にがん治療が始まったときのことは想定が難しいのです。
情報が溢れている現代社会、がん患者が増え続けている近代においては、周囲から実際の治療経験などを参考にして、常に適切な保障のがん保険を持っておくことが重要です。