がん保険の選び方

がん保険に入っていても保障されないことはありますか?

がんの手術

がん保険に入っていても「がん保険で保障がされない」ということはあります。
加入時には保障内容を十分に確認し、継続的に保障内容を把握しておくことが重要です。

がん保険の保障範囲

がん保険は「がんになったかどうか?」が保障の対象範囲ではありません。
給付金の対象となるがんの治療をしたかどうかが保障対象のポイントになります。

例えば、がん保険によっては、入院保障がメインとなっているがん保険があります。
このようながん保険に加入している方が、前立腺がんや乳がんになり、放射線治療や抗がん剤治療等で継続的に通院治療のみをするという場合。
入院は一切せずに治療をしているということですので、当然のことながらがん保険の入院給付金の対象とはならず、がん保険からお金を受け取ることはできません。
このがん保険から保障を受ける条件は、「入院」が必要だからです。

がんの種類によって治療は異なる

最近発売されているがん保険は「通院」保障を重視しているがん保険も多くなっています。
すい臓がんや胃がんになり、入院をしてそのまま病院で亡くなられるという場合であれば、通院をせずに入院のみで治療したことになります。
そのため、がん保険から通院給付金のお金を受け取ることはできません。

治療できるかどうか?

患者さんの年齢によっては、がんが見つかったものの体力的な問題もあって治療はしない。ということがあります。
特に高齢者の場合、年齢や体力等の理由によって治療をしないことで、がん保険からお金を受け取れないという可能性があります。
例えば、寝たきり状態で要介護の方が定期健診のレントゲン撮影で肺がんになっている可能性が非常に高いことが判明。しかし実際には生検をする体力的な余裕もなければ、仮に見つかったとしても、手術や抗がん剤治療を受けるだけの体力が見込めない。
であれば、無理に治療をせずに経過を見守るだけにする。
という場合もあります。
このケースであれば、がん(悪性新生物)の診断確定もされておらず、実際のがん治療もされる可能性が極めて低い。ということですので、もしがん保険に加入されていたとしても給付金を受け取れない可能性があります。

がん保険の特性

このようにがん保険は、「がんになったら使える保険」ということではありません。
がん保険の保障内容に応じてお金を受け取ることができる保険ですので、普段から加入しているがん保険の保障内容を把握しておくことが大切です。
被保険者(保険の対象となる人)の年齢的なものと、加入しているがん保険の保障内容と実際の医療事情がマッチしているのか?定期的に見直し、判断しておくことが大切です。