がん保険の選び方

がん保険の保険料を抑えるなら定期タイプ

定期タイプのがん保険

シンプルにがん保険の保険料を抑えたいのであれば、終身型でなく、定期型の方が保険料を低く抑えることができます。

定期タイプのがん保険

がん保険の中には「定期型」と言われるがん保険があります。
定期型のがん保険は一定期間だけ保障するがん保険という意味です。
最も安いタイプであれば「10年定期」という10年間だけ保障するタイプのがん保険があります。
10年後は自動更新され、加入時から10年後の年齢の保険料に上がって保障が継続されます。
保険料の上がり方、保険料の設定は保険会社、保険商品によって異なります。
自動更新の場合は、更新時点で保険会社から郵送で通知がきます。契約継続の意思がなければ更新しない旨を保険会社に伝えることで保険契約は終了します。
また、60歳や65歳などの年齢で保険期間を定めるタイプの保険もあります。
このタイプ(歳満期)であれば、加入時から60歳という契約時に決められた年齢で保険が終了します。
例えば、40歳で加入すると「40歳から60歳までの20年間」を保障する保険ということになりますので、先ほどの10年満期よりも保険期間が長くなりますので、その分だけ保険料は割高になっています。

定期タイプの保険料

がん保険に加入する年齢や性別によっても異なりますが、同じ保険会社の同じ保障内容で比較した場合、一生涯保障されるタイプの終身型のがん保険の保険料は、定期型の約2~3倍の保険料という設定になっています。
更新タイプの定期型がん保険であれば「保険料が上がる前に再検討しようかな」とがん保険を見直しする機会もあります。
一生涯保障の終身型は保障がずっと継続していますので、だらだらと入り続けてしまいかねない、というリスクも考えられます。
ご自身で定期的に保険を見直しすることが重要です。

定期タイプがん保険の特長

定期タイプがん保険のデメリットは、「がん」になった場合です。
契約中であれば、がん保険から給付金を受け取ることができますが、契約期間が終了すると保険も終了してがんの保障も終了します。
がんは最初の治療も大変ですが、がん治療が終わった後の再発・転移の不安は継続的に続きます。そんな時に、がん保障が無くなってしまうことの不安を感じる可能性があります。

一方でメリットは終身タイプに比べると一定期間だけの保障ですので保険料が安いということです。
一定期間だけを手厚く保障したいという方にはおススメのタイプです。
例えば、
子供が独立するまでの期間だけは保障を手厚くしておきたい。
事業が軌道に乗り、売上が安定するまでの期間は保障を手厚くしておきたい。
というように、一定期間に対して保障の目的が明確にある方には最適な保険と言えます。

目の前のことと、将来のこと。
両方を考えたうえでご自身にとってのベストな選択をお考えください。