がん保険の選び方

がん保険の解約時の注意点

がん保険の解約

契約されているがん保険を解約することはとても簡単ですが、がん保険の見直し、入り直しで解約を考えておられるのであれば注意しておくことがあります。

がん保険の解約は簡単

がん保険は必要が無いように思うから。。。といった理由でがん保険の解約手続きをすることは非常に簡単です。
保険会社や保険の担当者、代理店に連絡をして解約手続きの書類を取寄せ、必要事項を記入して本人確認書類を一緒に提出するだけです。
保険会社や代理店等に解約書類が受領された時点で契約は無効となり「解約」となります。
解約の意向を伝えることで保険会社や担当者等に「解約をされない方が。。」と、ストップがかかるかもしれませんが、「解約は保険契約者の権利」ですので、相手も強く阻止することはできないはずです。
「がん保険の解約を希望したいのに、やめさせてくれない!」ということがありましたら、窓口を変えて、保険会社のコールセンターや金融庁のホットラインに苦情として伝えるのがおススメです。

がん保険の保障開始は3ヶ月後

がん保険を解約することは非常に簡単です。
しかし、新たながん保険加入しようと思うと「保障開始は3ヶ月後」という日数の制限があります。
特に注意したいのは「がん保険の切替え(入り直し)」をされる場合です。
新しく発売されているがん保険が現状で契約しているがん保険に比べると魅力的なので、今まで加入していたがん保険を解約して新しいがん保険のプランに入り直したい。
そんな時は、保障の開始時期と切替えのタイミングがベストになるように設定されることを推奨します。

保障の空白期間が無いように

がん保険を解約するのはいつでもできます。解約書類を保険会社に提出した日で保障は終了します。
ところが、新たにがん保険の保障を得ようと思うとどうしても保障開始まで3ヶ月という日数が必要になります。
「がん保険は解約して、がんの保障はもう必要ない!」という方にはまったく関係のない話題ですが、がんの保障は継続的に維持しておきたい。
ということであれば、がん保険の保障開始日(責任開始期)と契約のスケジュールをしっかりと把握したうえで、がん保険の解約手続きを進めることが重要です。

空白期間に「がん」になると

がん保険を切り替える場合、最大で3ヶ月という空白期間が発生することがあります。
では、その期間中に「がん」と診断された場合はどうなるのでしょうか?
まず、以前から加入していたがん保険は解約手続き終了しているのであれば、当然ながら保障は既に終了していますので、保障されることはありません。契約を元に戻すこともできません。
新しいがん保険は保障が始まる前の期間(待ち期間)ですので、保障の対象外期間となっています。また、待ち期間中のがん診断は加入した保険自体が無効となりますので、保険契約は不成立(保険が終了)となります。
保障の空白期間にがんと診断されてしまうと、以前のがん保険からは保障されず、新しいがん保険は無効になる。
せっかく今まで保険料支払い、継続してきたがん保険にも関わらず、保障が本当に必要な時には保険が無い。という状態になってしまいます。

解約スケジュールを調整

がん保険の解約は、保険会社のコールセンター等に解約手続きの書類を請求して、解約の書類が手元に届いただけでは解約にはなりません。
解約書類に必要事項を記入して、不備なく保険会社への返送が完了した時点で解約となります。
新しいがん保険への切替えを考えておられるのであれば、新しいがん保険の保障開始に合わせて以前のがん保険の解約手続きをされるのがおススメです。

同じ保険会社でのがん保険の入り直しであれば、手続きをしてくれる担当者が適切なスケジュールを案内してくれることでしょう。
しかし、現在加入のがん保険の保険会社とは別の保険会社のがん保険に加入する場合。
保険会社によって取り扱いが異なりますので特に注意が必要となります。