がん保険の選び方

がん保険加入の最低条件は?

がん保険申込書

がん保険が他の保険と違う大きな特長の一つは「がんになるとがん保険には入れない」ということです。

がん保険の加入条件

がん保険は加入時に申込書(契約書)と一緒に付いている「告知書」に既往症の告知をします。
その最初の質問が「がん(悪性新生物)と診断されたことがありますか?」という質問です。
この告知項目の「はい」に○をすると、その時点でがん保険には入れなくなっています。

この質問は「はい・いいえ」のみで、詳細を記入する欄がない場合が多いです。
何年前にどのような「がん」に罹患され、治療されたのかは関係なく、既に完治されていたとしても「はい」に〇をすることで、がん保険への加入ができないようになっています。

がんになっても入れる保険

がん保険はこのように一度「がん」と診断されてしまうとがん保険には入ることができません。がん治療の経緯、がんの進行度、現在の状態に関係なく加入できないのが特長です。
そこで、最近発売されている一部のがん保険では、「がんになった人でも入れるがん保険」として発売されている商品があります。
しかし、保障内容が一般的ながん保険と比較するとどうしても見劣りしてしまいます。
また、保険料の面でも割高になっています。

がんになる前に入る

現在では一生の内で「2人に1人はがんになる」と言われていますが、多くの健康な人は「自分はがんにはならない」と思っています。
確率的には高いものの、自分以外の人の問題ととらえている人も多いです。
がん保険に加入していてがんに罹患した人は「まさか自分が?」と言われます。
がん保険は「がんになる前」にしか加入することができない保険です。
がん保険のことを考えておられるのであれば、思いついた時が一つのタイミングかもしれません。その場合は、少しでも早く検討を開始されることをお勧めします。