保険相談の選び方

ネットでよく見る「無料保険相談」

医療保険関連ニュース

日本国内ということであれば、保険を相談する先は無数にあります。
「保険の相談をしたい」という希望を出せば、喜んで営業担当の人がやってきます。
いくつもある保険相談先の中でも特に気になるのが「無料保険相談」。
「無料」というメッセージに惹かれるものの「本当かな?」とも思ってしまいます。

無料ほけん相談の広告

インターネット上には「生命保険のプロが無料で相談に応じてくれる」というサービスの広告がたくさんあります。
これらはマッチングサービスとも言われています。保険見直しを検討中のお客さんを保険を販売している人に紹介するという仕組みです。
中には、保険相談をすると商品券をプレゼントというサービスもありますが、最近は金融庁の指導もあって減少傾向にあります。
これらのサイトでは言ってみれば、お金を払ってでも保険相談をする人を見つけたいのです。

来店型保険ショップで相談

店舗型の保険ショップに行けば、担当者が保険相談に応じてくれます。こういった保険相談のサービスはほとんどの場合が無料です。無料を前面に押し出しています。無料で相談をすることはできますが、店舗型の保険ショップであれば人と店舗が必要ですすべてに人件費、交通費、店舗費用等の費用がかかっています。であるにも関わらず無料で保険相談に応じるというのはどういうことなのでしょうか?

無料保険相談の仕組み

無料で保険相談の行きつく先には、お金がうまれるところが存在しています。
それは、保険の契約ということです。
もちろん、保険の無料相談を受けた方、全員が保険に加入するということはないでしょう。しかし、無料保険相談という名目で見込みになりそうなお客さんを集め、保険相談で新たな提案をして納得してもらい、お客さんとして契約をもらう。
ということが、前提になっているということを利用する側としては忘れてはいけません。
なにも臆することはないのですが、相手もタダ(無料)では動いていなということを知っておくのが大切だと思います。