がん保険の選び方

一時金タイプと都度給付タイプ

がん保険一時金

がん保険には大きく分けて2つの保障タイプがあります。どちらのがん保険がご自身にとって使いやすいのかを検討してみましょう。

がん保険の給付タイプ

がん保険には大きく2つの給付タイプがあります。
①「がんと診断された時」に一時金として大きく給金をもらって保険が終了するタイプ
②治療内容に応じて給付金が受け取れるタイプ

どちらのタイプのがん保険が優れているとか、良い悪いといったことはありません。
あなたのお金の使い方、習慣がどちらのタイプのがん保険に合っているのかで選ばれるのが良いかと思います。

①一時金タイプ

がんと診断された時」に一時金として大きく給付金をもらって保険が終了するタイプのがん保険は、がんと診断された診断書を保険会社に出すことで、一時金としてがん保険からお金を受け取り、保険(保障)が終了します。

例えば、がん保険診断給付金300万円、500万円、1,000万円といったタイプで、契約時に金額を設定します。受け取れる金額が大きくなるほど保険料は高くなります。
がん保険の契約を継続していて、がんと診断されたときに契約した金額の給付金を受け取ることで保険は終了します。
*契約内容によっては、初回の一時金受取後も2年に一回など繰り返し受け取れるタイプのがん保険もあります。
がん保険の給付金を受け取ることであなたの資産に、一定額のお金がストックされることになります。そこから治療費に限らず好きなようにお金を使うことができるのが特長です。

一時金タイプのデメリット

デメリットは、一時的に多額のお金が入ってきたとき、あなたがうまくお金をコントロールできるかどうか?ということです。
がんの治療が一時的なもので済めば良いかもしれませんが、長引くがん治療になった時に治療費にお金がどんどんと減っていく不安、そして保険は終了して保障されない不安に陥らないか?ということを想定しておきましょう。

②都度給付タイプ

治療内容に応じて給付金が受け取れる都度給付のタイプは、治療内容と保障内容が合致したときに保障として給付金が受け取れるタイプの保険です。
このタイプのがん保険では、一度給付金を受け取ったら終わりではなく、がんの治療に対して繰り返し何度でも使える保障があることが多いです。
保障内容と保障される期間は各保険会社のがん保険の商品によって全く異なりますので注意が必要です。
例えば、「がんの通院治療」給付金の場合。がん保険の商品によって対応は様々です。

都度給付タイプのデメリット

加入しているがん保険の保障内容に合致しない治療をしている場合には、がん保険からお金を受け取ることができない。というデメリットがあります。
例えば、以前のがん保険であれば「入院保障」がメインとなる保障のがん保険が主流でした。
しかし実際には、近年の治療傾向として「入院をせずに通院で放射線・抗がん剤治療」を行う」というケースが増えてきています。この場合、入院だけが保障されるがん保険であれば、当然ながらがん保険から給付金を受け取ることができません。
そのため、変わりゆくがん治療の方法と、加入しているがん保険の保障内容が合っているのかを定期的に確認しておくことが重要になります。

がんの通院治療は全く保障されないがん保険

  • 【通院保障が無いタイプ】
  • 入院後の通院治療のみを保障するがん保険
  • 特定の治療であれば通院のみでも保障するがん保険
  • 1年以内の通院が保障されるがん保険
  • 日数無制限で保障されるがん保険

ご自身が加入されている、または加入を検討されているがん保険はどのような保障内容があるのか?
また、現代の医療事情に合った保障内容であるのかは随時確認しておくことが重要です。

このタイプのがん保険のデメリットは「時代の変化に保障がついていけているか?」ということです。
先ほどご紹介した、以前のタイプのがん保険は入院保障がメインでした。
長期入院するほどたくさんの給付金を受け取ることができ、喜ばれていました。
ところが近年は「がん」であっても長期入院するケースは少なくなり、外来での通院利用が増加する傾向にあります。
このように保障内容と時代背景のギャップからがん保険と実際の給付内容のずれが生じる可能性があります。