保険相談の選び方

保険はどこで売っているの?

ほけん相談の選び方

日本では様々な場所、様々な手段で生命保険は販売されています。
では、自分自身にとって最適な保険はどこで買うことができるのでしょうか?

日本には多種多様な生命保険の購入先があります。
インターネットでは生命保険会社の保険商品の広告や保険ショップの広告を見ることも多いです。
たくさんある販売先の違いを知ることで、自分にとって最適な保険の購入先を選ぶことができるようになります。

生命保険会社の職員

生命保険会社の職員として、生命保険会社に勤務しています。
生命保険会社の営業職員は担当する職場や地域を周り、訪問等により営業するスタイルを取っています。
一つの生命保険会社に所属する職員、社員ですので当然のことながら、所属している生命保険会社の保険商品のみを販売しています。以前はこの販売スタイルがスタンダードでしたが、今では以下の様々な販売経路がでてきています。

金融機関(銀行・信金・郵便局・証券会社)

銀行・地銀・信金・郵便局・証券会社といった金融機関で生命保険商品を販売しています。数年前までは銀行での取り扱いは一時払い終身保険や個人年金保険が主体でしたが、最近では、がん保険や医療保険といった商品も積極的に販売しています。銀行が保険代理店として契約している生命保険会社の保険商品を銀行の職員が販売しています。銀行で生命保険を契約した場合、新規の契約手続きは銀行の窓口で受け付けてくれますが、契約後の変更手続き、給付金、保険金の請求といった新規契約以外での手続きは銀行の窓口ではなく、生命保険会社のコールセンターで受付けますという場合があります。
また、銀行の職員は一定年数で支店を転勤しますので、契約後もずっと担当者であるということはありません。銀行で保険を契約される場合は、契約後のアフターフォローサービスの利用方法についても確認しておかれるのがいいでしょう。

保険代理店

生命保険の販売をしている保険代理店があります。
生命保険会社と代理店契約を結び保険代理店として営業しています。保険を扱う銀行等も代理店の一種です。代理店の規模や種類は様々です。一人でやっている代理店もあれば、多くの社員を抱えて会社規模で展開している代理店もあります。
また、保険以外の事業をやっていて、事業会社の中の一つの部門、子会社として保険を取扱っているという会社もあります。
代理店が取り扱っている生命保険会社も様々です。生命保険会社を一社のみ専属で取り扱っている代理店もあれば、複数の生命保険会社を取り扱っている代理店もあります。
保険ショップと言われる店頭販売で複数の保険会社を扱っているのは、保険代理店の販売方法の一つです。

インターネットで情報収集

保険会社のホームページでは資料請求をできるようにすることで、一人でも多くの人に自社の生命保険商品について知ってもらえるようにPRをしています。ブログやニュースサイト等を見た時に「生命保険」に関する広告が出てくる率はかなり高いと感じませんか?保険会社によってはホームページで資料請求だけではなく、契約手続きをすることも可能です。
また、代理店もホームページを運営しており、生命保険の資料を取り寄せることができます。