がん保険の選び方

医療保険に入っているのでがん保険は不要?

がん保険と医療保険

医療保険に入っている方から「がん保険は必要ですか?」と聞かれることがあります。
医療保険に入っていれば、がん保険は保障が重なるので不要と言えるのでしょうか?
がん保険と医療保険はどのように選べばいいのでしょうか?

2人に1人はがんになる

「がん」は日本人の死亡原因第1位となっています。
日本人は2人に1人の確率で生涯の内に「がん」になると言われています。
ですので日本人が「がん」になる確率は非常に高いと言え、誰にでも起こりうる身近な病気とも言えます。
その一方、医療技術の発達により早期発見、早期治療により完治される方も増えている病気でもあります。

がんの治療費

気になるのはがんの治療にかかるお金、治療費です。
医療保険に加入されていれば、がんによる治療も保障の対象です。しかし、医療保険だけで万全なのでしょうか?
そこでここからは、がん保険の必要性について考えてみます。

がん保険は医療保険より役に立つのか?

医療保険は病気やケガに対して幅広く保障するのが特長です。
幅広く保障しますので、特定の病気に対して手厚く保障されるわけではありません。
がん治療は、ほかの病気やケガと違って治療に関わる費用が高額にある場合があります。
がんに限らず、病気全般では入院期間は短くなる傾向にありますが、「がん」という病気に限って言えば、入院をしなくても治療自体が長引くという特長があります。
通常の医療保険に加入していた場合、医療保険の保障は「入院・手術」の保障がメインです。入院をする、手術をする。といった治療行為を受けることでお金を受け取ることができます。
医療保険の入院給付金は入院日数に応じて入院給付金が支払われるため、外来で通院をしながら治療を続ける場合には保障がないことがあります。

広い保障の医療保険で対応

最近では、「通院保障」である通院給付金の保障が付いた医療保険も発売されています。
医療保険の通院保障は通常、入院後または、入院前後の一定期間の通院に対して30日以内までというように通院給付金が受け取れる範囲が限定されている場合が多いです。
*保障範囲は保険商品によって異なります。

がんの治療の場合、抗がん剤治療等で長期間にわたって通院治療が必要になる可能性があります。そのようながん治療を受けることになった場合には、治療費の保障としては医療保険だけでは十分とは言えないケースもあります。
また、三大疾病保障を特約で付けられる医療保険もあります。

三大疾病保障に手厚く

医療保険では、がん・脳卒中・急性心筋梗塞の三大疾病を特に手厚く保障する「三大疾病保障」の特約を付加することで、医療保険であっても「がん」に対して手厚く保障保障する保険もあります。
例えば、三大疾病一時金として「がんと診断されたら100万円」というように、がん保険と同じような保障を医療保険で受けられる商品もあります。
がん保険と三大疾病保障では、当然ながら保障の範囲が異なります。「がんという一つの病気を保障するがん保険」と「がんも含めた3つの病気を保障する三大疾病保障」。ご自身にとってどちらの保障が将来的により重要なのかを考えることが重要です。

高額療養費制度

健康保険に加入されているのであれば、もしも多額の治療費が必要になったとしても、高額療養費制度を利用することで、医療費が上限なく上がっていくようことはありません。
高額療養費制度を利用できたとすれば医療費の自己負担額は毎月8万円程度が必要です。
1ヶ月で見ると大きな負担には思わないかもしれませんが、がん治療ではその費用が何ヶ月も続く可能性もあります。
例えば、毎月8万円の医療費が何年にも渡って払い続けないといけない。と考えると、その負担額は大きなものになるのがわかります。

がん保険は「がん治療」に特化した保険

がん保険は「がん」の治療に備えるための保険です。
大きくは4つの保障があります。

  • がんと診断されたときに一時金が受け取れる「がん診断給付金」
  • がんで入院した日数分の保障「がん入院給付金」
  • がんの手術・放射線治療をした場合の保障「がん手術・放射線治療給付金」
  • がんで通院した場合の「がん通院給付金」

さらに特約を付加することで、抗がん剤治療、先進医療治療をした時に保障を受け取れるものもあります。それぞれの保障範囲はがん保険の種類や保険会社により異なります。
A社のがん保険では給付金が出たけれど、B社では対象外だったということもあります。
保障内容をよく確認して比較検討しましょう。
「入院給付金」は日額1万円以上が一般的ですが、5,000円という設定を選べる保険会社もあります。「手術給付金」は入院給付金日額に応じた倍率で保障が決まるようになっているケースが多いです。

医療保険と組み合わせる

医療保険に既に加入されている場合は、医療保険からも入院や手術の保障が確保できていることがあります。
例えば、入院給付金は1万円あれば十分ということであれば、がん保険から5,000円、医療保険から5,000円を受け取ることでトータル10,000円の入院保障を確保するという考え方もできます。
「がん」という一つの病気に対して手厚く保障保障するがん保険と、病気全般を広く保障する医療保険、それぞれの特長を活かして組み合わせて加入する方法もおススメです。

通院保障が特長的

「通院給付金」は、1回通院するごとに給付金が受け取れる保障です。
近年は入院日数が減り、外来による通院治療が増えていますので保険会社も力を入れてる保障の一つです。
通院保障に関する規定は保険会社、またがん保険の種類によっても異なります。
どういう状態で通院保障が適用されるのかを事前に確認しておくことは大切です。

がん保険のデメリットと注意点

がん保険はがんの保障に限定することで、通常の医療保険より保険料が安かったり、保障内容が充実しているのが特長です。
また、掛け捨てのがん保険が多く、保障代としての保険料を払うという感覚の保険です。
しかしがん保険に加入していたとしても「がん」に罹患しなければ支払った保険料は保障代として支払っただけ。ということになります。
それを「安心料」と考える方も多いですが、ご自身の保険料負担、家計での負担と保障内容の十分な検討が重要です。
がん保険の加入は、一度でもがんになったことがある人は加入することができません。がんが心配なのであれば、少しでも若くて健康なうちに加入しておくのがベストです。