がん保険の選び方

古いがん保険でも役に立つのでしょうか?

保険のバランス

がん保険が日本で発売されてから40年以上になります。
40年前とは言わなくても、20年以上前のがん保険に加入されているという方も多くいらっしゃると思います。また、親御さんが子供のためにと加入されたがん保険を引き継いでおられるという方も旧いタイプのがん保険に加入されているかもしれません。

昔のがん保険は価値が無い?

何年も前から入っている昔のがん保険は価値が無いとか、昔のがん保険は役に立たないとか、そういったことを聞かれたことはありませんか?
しかし、決してそんなことはありません。
ポイントは、今の医療事情に合った保障内容かどうか?ということです。
今の医療事情とは、手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療、そして治療の主体となる「通院(外来)治療」に対応しているか?さらに先進医療による治療のことです。

以前のがん保険の特長

昔のがん保険の特長は「保険料が安い」ということ。
そして「入院保障」がメインになっているということです。
以前はがんの治療と言えば、入院がメインでした。
「がんは不治の病」であり「がん」と診断されると死を覚悟しなければならず、治療のための入院というよりは、入院が長引きそのままお亡くなりになる。というようなケースが多かったようです。
そのため、いつまで続くか分からない長引く入院に対してしっかりと保障する。それが「がん保険に求められた役割」であったとも考えられます。
その後、国の医療制度改革が進むと同時に医療技術が発達しました。
がん治療は入院・手術という方法だけではなく、一人一人に合った様々な治療方法が確立されてきています。

昔のがん保険の見直し

さて、長く加入されている以前のがん保険ですが、まず大切なのは「現状把握」です。
既に加入され、継続されているがん保険の保障内容がどのような内容なのか?充実している部分、今の医療事情に合っていない部分。それぞれメリット・デメリットを把握することが重要です。
その上で、加入されているがん保険の見直しが必要となれば、第一に考えたいのが追加保障です。
現在加入されているがん保険の保険会社で追加保障の商品を契約することで、最新のがん保険に近いがん保険契約にバージョンアップすることができないかを相談してみてはどうでしょうか?
ベースとなるがん保障は古いがん保険で安く確保できていると思います。
後は足りない部分だけ加えることができれば良いわけです。

しかし、保険会社や保険の種類によっては、そういった対応ができないことがあります。
その場合は新しいがん保険への切替えも検討してみましょう。
ですが、新しいがん保険に入り直すということは、以前のがん保険の契約時よりも年齢は確実に上がっています、しかも業界全体のがん保険の保険料も上がっています。
保険料と保障内容を天秤にかけてみて、もしも現在持っている保障だけでも間に合いそうということであれば、無理に新しいがん保険に入り直す必要はないかもしれません。

全体的な保険のバランスを考えて

がん保険という保険商品は「がん」という1つの病気に対して手厚く保障される保険です。
病気の特性として、他の病気に比べて治療費が高くなったり、治療が長引く傾向がありますので「がん保険」でしっかりと備えておくことが重要なのは間違いありません。
ですが、がん保険だけに保険料を高く払ってしまうと、それ以外の保障に対する保険料の予算が取れなくなってしまう可能性も考えられます。
最終的にはがん保険だけではなく、医療保険や死亡保険等、ご自身が必要な保障全体の中でがん保険の位置づけ、そしてどれくらいの予算を割くのかを考えることが重要です。