医療保険の選び方

妊娠出産でも医療保険は保障の対象ですか?

妊娠医療保険

結婚をしたのでそろそろ保険を考えたいと思っています。
妊娠や出産で入院をした場合、民間の医療保険では給付金を受け取ることができるのでしょうか?

通常分娩は対象外

女性にとって妊娠や出産は医療保険に対して多く持たれる疑問の一つではないでしょうか。
出産前後には必ず入院をすることになりますが、医療保険に加入されている方が、出産により入院をされても「通常分娩」による出産ということであれば医療保険の給付は対象外となるので注意が必要です。

帝王切開術等は対象

医療保険の対象になるのか?ならないのか?は加入されている医療保険によって対象が異なる場合があります。詳細は必ず加入されている医療保険の保険会社に問い合わせいただくことをおススメします。
一般的な事例としては、医療保険であれば、「帝王切開娩出術」は医療保険の給付対象となっています。しかし、「吸引分娩術、鉗子分娩術」は対象外です。
*対象になるかどうかは加入している保険会社に必ずご確認ください。対象外となる場合もあります。

出産については、給付金の対象となるかどうかは細かく規定が決まっていますので、出産後に治療の内容や分かるようであれば手術名等を保険会社の担当者に伝えて、保険の対象となるかを保険会社に問い合わせされるのが良いでしょう。

保障の対象外になっていないか?

医療保険の加入時に「部位不担保」というような名称で、特定の部位に関しては保障されない契約になってい場合があります。妊娠、出産に関連するような部位が保障の対象とならない「不担保」の対象期間中になっているのであれば、帝王切開で出産をされたとしても保障されない場合があります。
医療保険に加入された当時の加入条件が「無条件」での引受であれば心配する必要はありません。
しかし、もし部位不担保が付いた契約になっているようでしたら、対象の部位と期間を確認されておくことがおススメです。
例えば、加入時に告知書に記入された内容から加入審査の結果「卵巣・卵管、子宮付属器」が部位不担保で保障の対象外になっているとします。
医療保険には加入することができますが、契約後すぐに妊娠をされて帝王切開をされた場合は給付金を受け取ることができない。ということになります。
また、上記のような場合であれば女性特有の病気を保障する女性向けの医療保険や女性特有の病気が対象の特約には加入できない可能性が高いです。

女性向け医療保険は保障が大きい

請求をされる方が女性向けの医療保険や女性向けの特約に加入されていた場合です。
妊娠出産による入院や手術が保障の対象となった場合は「女性特有の病気」として、他の病気やケガの給付に比べるとより高い保障が得られる場合があります。
ですので、独身の方や結婚を予定されている方が医療保険への加入を検討されている場合には、女性向け医療保険に加入されておき、通常分娩ではない妊娠出産に備えて医療保険への加入をされておくのもおススメです。

給付金請求は忘れずに

妊娠出産による入院・手術は対象外と思い込んでいて請求をされないケースもあります。他の人の話を偶然に聞いて、私の場合はどうかな?と問い合わせをされるケースもあります。
通常分娩による出産は対象外ですが、妊婦の病状、出産の方法によっては医療保険の給付対象となるケースもあります。
もしご自身では判断がつかない、よく分からないという場合は保険会社の給付金・保険金請求のコールセンターに問い合わせされることがおススメです。
せっかく加入している医療保険。請求手続きは忘れずにしたいものです。

妊娠してからは加入できない

妊娠が分かってから医療保険の必要性を感じて医療保険の検討を始める方もいらっしゃいます。
妊娠の週数。特に初期の段階であれば医療保険には加入できる保険会社もありますが、妊娠をされている場合は「〇〇週以上は加入不可」となっています。
加入ができる週数であったとしても、先ほどご紹介したような出産時の帝王切開等は保障の対象とならない可能性があります。
お子様が産まれることで、親の責任として医療保険に加入するということは非常に意義のあることだと思いますが、直近の出産に関しては保障されないということを憶えておくのが重要です。

出産後に検討する

出産後は体調の変化、日々の子育てで保険を考える余裕もないかもしれませんが、親の責任の一つとして医療保険を考えることも大切です。
もし、通常分娩での出産であれば医療保険には特に条件等が無く加入できる可能性が高いのですので、妊娠中に急いで考えるのではなく、出産後に検討されるのもおススメです。

母親が入院をするとなると、入院期間中の子供の世話を誰がするのか?という大きな問題が発生します。
近くに親御さんがいらっしゃれば面倒を見てもらうことも可能かもしれませんが、そういったことが難しい方もいらっしゃることでしょう。
また、母親が入院期間中は子供の世話だけではなくパートナーである配偶者(夫)にも負担がかかります。
仕事を休みがちになったり、営業手当や残業手当が付いているような方は収入が減少してしまう可能性も考えられます。
家族全体のバランスを考えた時、リスクに対する備えの一つとして医療保険の加入を考えてみてはどうでしょうか?