保険相談の選び方

無料相談のゴールは保険契約

ほけん相談の選び方

保険ショップやネット広告などでよく見かける「無料保険相談」の行きつく先を解説していきます。

「無料」の目的

保険の見直しを考えたときに目に入るのは「保険見直し無料相談」という文字です。
保険について無料でアドバイスをくれるなら。と利用される方も増えています。
多くの保険販売者は「無料相談」という看板を出して、見込み客となるお客様を集め、現在加入している保障内容を元に相談に応じ、新たな解決策として保険の提案をします。
その流れのまま、契約をいただくことができたなら、「無料相談」として投資したものが回収できるということになります。
保険について「無料相談」と書いている以上は「無料」です。相談料として後からお金を請求されることもないでしょう。もし、そういったことがあれば、すぐに金融庁等の窓口に相談されるのが良いでしょう。

無料相談の正体

無料相談といっても対応するのは人です。人が相談相手になってくれる以上、相談をする人には時給、月給といった人件費が発生しています。また、自宅に来てもらっての相談であれば交通費。保険ショップ等のお店に行って相談するのであれば、お店のテナント料が発生しています。これらはすべて「無料相談」を運営する人や会社が負担しています。ということは、これらの費用をどこかで回収しないと、運営する会社は事業ができなくなってしまいます。「無料」保険相談として無料で相談のサービスを提供していますが、その先に費用を回収できる見込みがあるために「無料」でサービスが提供されているのです。

無料の仕組みを知る

無料保険相談が良いとか悪いとかではなく、このような仕組みの中で成立しているという視点を持って相談を利用すれば、また違った感覚で利用いただけるのではないでしょうか。
無料保険相談と言いながら、相談後のアプローチが執拗な場合は要注意です。保険契約は長年にわたり継続するものです。その人、その会社との関係を長く続けられるかも大切な要素の一つです。保険が不要だと感じたら「保険は断る」ことも大切です。