がん保険の選び方

通院が保障されないがん保険

通院保障のあるがん保険

がん保険によっては「通院保障がない」がん保険もあります。通院保障が無いがん保険について解説していきます。

通院が保障されないがん保険

「通院にすごくお金がかかって。。」
がんの治療は多様化しています。以前は「がんと診断され、入院して、手術」という流れが一般的でしたので「がん治療のための入院」をメインとした保障内容のがん保険がほとんどでした。入院日数が多いほど、がん保険が役に立つ。という内容です。
ところが、近年は事情が変わってきました。
がん治療の形態が変わりつつあるからです。
入院日数が短い、または入院をせずに、外来による通院治療を行うという方法が増えています。
数日間入院をして検査、あとは外来で治療を続けるという方が増えています。
しかし、先ほどご紹介したような以前のタイプのがん保険である、「入院保障がメイン」のがん保険では『入院』をしない限りはがん保険から給付金を受け取ることができない仕組みになっています。がんと診断され、治療をしても給付金を受け取ることができなかった。ということになりかねません。

「通院」を保障するがん保険

がん保険は各保険会社の保険商品によって保障内容は大きく異なっています。
がんと診断された時の一時金を大きく受け取ることができるタイプのがん保険。
入院や通院、抗がん剤治療、放射線治療など様々な治療形態に合わせて幅広く保障されるがん保険。
長引く『がん治療のための通院』をがん保険で保障してもらうには、当然ながら「通院保障」が付加されたがん保険に加入しておく必要があります。
例えば、「がんと診断されて、一度も入院することなく外来で放射線治療を続けている」という方が「入院保障をメイン」としたがん保険に加入していても、受け取れる給付金は非常に少なくなることでしょう。
逆に「がんと診断されてから、入院が長引いている」という方であれば、通院保障が手厚いがん保険からは、受け取れる給付金が少なくなります。

がん治療の現状

がんの治療は多様化しているのが現状です。罹患するがんの部位や進行度、また受診する病院や担当医の治療方針によっても治療内容は異なります。
都市部の人気がある病院では手術は順番待ちで、病室の空きも少なく、入院ができたとしてもすぐに退院させられる。ということはよく聞きます。
がん保険に加入する時点では「がんになっていない」ことが最低限の条件ですから、誰も将来「どんながんにかかり、どんな治療をするか」は分かりません。
将来的にはがんの治療は現在よりもますます多様化することでしょう。

これからのがん保険

「通院保障」ということに限らず、多様化するがん治療に柔軟に対応できるがん保険がこれからは求められているのかもしれません。
これからがん保険をお考えの方は、どのような治療にも対応できるようながん保険を選ばれてはどうでしょうか。