保険相談の選び方

電話セールスでの保険相談

電話セールス

最近はずいぶんと減ってきたようですが、ご自宅の電話に保険の担当者から電話でセールスがかかってくることはないでしょうか?電話での保険案内はセールス方法の一つです。


電話での保険セールス

電話をかけて保険を販売する方法があります。大きくは2つ。

  • 電話だけでセールス(契約まで)を完結するタイプ。
  • 電話で訪問(アポイント)を取り付けて、面談で契約するタイプ。

電話をかけて、保険の案内をすることでどちらかの流れを作り出します。
大きなコールセンターでシステムを使って電話セールスをしている場合は、電話だけで保険の販売を完結させることが多いです。例えば、大阪の電話番号に東京から電話をかけた場合、普通に考えればセールスの人がわざわざ東京から大阪に訪問することはないでしょう。電話の時に「詳しい説明を聞きたいので自宅に来てもらえますか?」と聞いてみれば、相手のセールス方法が分かります。距離的な問題がある場合は、地域に提携する販売先を作っておいて、アポイントを斡旋するという方法もあります。自社のセールス担当者が訪問するのではなく、アポイントはコールセンターが取り、地域の提携先の担当者に見込み客を紹介して訪問してもらうという方法です。

電話セールスの対象は電話帳

どうしてうちの電話にセールスの電話がかかってきたのかな?と思われる方もあるかもしれません。
基本的には電話セールスは電話帳を元に電話をかけてセールスを行っていますが、事業者によっては独自ルートで電話番号簿を手に入れて電話をかけている可能性もあります。不審に思われた時は「この電話番号はどこで知りました?」ということを聞いてみましょう。

電話で保険に入る際の注意点

電話セールスで保険に加入する際に最も注意したいのは、加入する保険の内容を十分に理解できているかどうか?

そして、「告知義務違反」です。

電話セールスを通じて契約を行う場合、保険の説明を電話で聞きますが、もしかすると保険の内容を十分に理解できないまま契約をしてしまう可能性も考えられます。
保険のセールスと実際に会うことで保険の内容を十分に理解できる。ということはありませんが、電話だけだと聞き逃しや思い込みで、内容を十分に理解できていないまま契約してしまうという可能性も考えられますので注意が必要です。また、電話セールスではお互い顔が見えませんので、相手の状況は分かりません。特に注意したいのは申込時の告知義務違反です。
ご自身では記入の必要が無いと思っていたことを実は告知書に記入しなければならなかったので、契約後に告知義務違反となり契約が解除された。ということもあります。

電話セールスでの保険契約は慎重に。

電話を通じて保険に加入する場合は、特に慎重に契約をされることをおススメします。特に電話の相手のペースに乗せられず、ご自身のペースで保険を考えるようにしましょう。また、遠慮せずに不明な点や疑問があれば積極的に相談されるのがおススメです。